積水化学工業建材事業部「天才断熱材フェノバボード」

エスロンタイムズ on the Web

ホームへ戻る > RC造の方 > ウチコミDH

RC打込用途向け断熱材 断熱補強用

フェノバボードウチコミDH

  • 高断熱限られた空間を有効活用

    断熱補強部位(熱抵抗値0.6㎡・K/W)の納まり比較 *

    • 段差なく施工することが可能
    • 居室が広く利用可能
    • コンクリートの増し打ち量を削減

    熱抵抗値R0.6[m2・K/W]における断熱材厚み比較。吹付ウレタン(建築物断熱用吹付け硬質ウレタンフォームA種1(λ=0.034W/mK))、硬質ウレタンフォーム保温板2種2号(λ=0.024W/mK)、フェノバボードウチコミDH(λ=0.019W/mK)にて計算。

  • 燃えにくい溶接火花による火災リスク低減

    構造熱橋部における断熱補強の基準

    消防法では制限酸素濃度が26%以上のものは不燃性・難燃性を有するとされ、それ以下のものは指定可燃物扱いとなります。

    ガスバーナーによる燃焼実験

    燃焼時に表面が炭化するだけで燃え広がりにくい性質を持っています。

    • 燃え広がりにくい素材
    • 燃焼時に炭化層を形成

施工例(断熱補強部位)

構造熱橋部における断熱補強の基準

断熱材の施工法 地域区分
1及び2 3及び4 5,6及び7 8
内断熱工法 断熱補強範囲[mm] 900 600 450 -
熱抵抗値基準値[m2・K/W] 0.6 -
外断熱工法 断熱補強範囲[mm] 450 300 200 -
熱抵抗値基準値[m2・K/W] 0.6 -

製品規格

部位 製品名 厚み
mm
品番
mm
長さ
mm
熱抵抗値
m2・K/W
断熱補強(壁) (内断熱) フェノバボードウチコミDH 12 JH121H 450 1820 0.6
JH122H 450 2730
JH12NH 910 1820
15 JH153H 600 1820 0.8
JH154H 600 2730

材料構成

設計・施工サポート
  • 長期優良住宅認定サポートについて
  • 型式認定の利用について
  • 熱損失(Q値計算)について
各種資料・お問い合わせなど
  • よくあるご質問
  • 断熱材厚み一覧
  • 防・耐火認定構造一覧
  • 商品規格一覧・フェノバボード価格表はこちら
  • 次世代省エネ基準について。対応する断熱材とは?
  • ご相談はお近くの営業所へお気軽にご連絡ください。営業所一覧はこちら
  • 充填断熱用フェノバボードJ
  • あったかべ
  • フェノバSZ耐震断熱天井
ページトップへ
SEKISUI公式ロゴマーク
本サイトは積水化学工業株式会社が運営しております

各種ご相談はお近くの営業所までお気軽にご連絡ください

©2011 SEKISUI CHEMICAL CO. LTD.