積水化学工業建材事業部「天才断熱材フェノバボード」

エスロンタイムズ on the Web

ホームへ戻る > 設計・施工サポート > 平成25年度 省エネルギー基準

省エネルギー基準が改正されました

省エネルギー基準が2013年(平成25年)に改正され、 2015年3月までの移行期間を経て2015年4月から完全移行となりました。 あわせて、品確法の住宅性能表示も改正されました。

省エネルギー基準の改正のポイント
改正前平成11年基準(次世代省エネ基準) 改正後平成25年基準(改正省エネ基準)
①外皮性能基準 建築主の
判断基準
熱損失係数(Q値)
夏期日射取得係数(μ値)
外皮熱貫流率(UA値)
冷房期の平均日射熱取得率(ηA値)
設計・施工指針 部位ごとの熱貫流率(U値)
又は熱抵抗値(R値)
【本則】
UA値、ηA値の簡易計算表
【附則】※1
部位ごとの熱貫流率(U値)
又は熱抵抗値(R値)※2
<適用に開口部比率※3の制限あり>
②一次エネルギー
消費量基準
建築主の
判断基準
なし 一次エネルギー消費量
設計・施工指針 なし
【本則】
一次エネルギー消費量
【附則】※1
一定性能以上の設備仕様
<適用に外皮面積比率※4の制限あり>
  • ※1設計・施工指針の附則は、当面の間の基準
  • ※2トレードオフ等の緩和措置なし
  • ※3開口部比率=(開口部面積の合計)/(外皮面積の合計)
  • ※4外皮面積比率=(外皮面積の合計)/(床面積の合計)
品確法住宅性能表示の改正のポイント
改正前 改正後
等級の種類 外皮 省エネルギー対策等級 断熱等性能等級
設備 なし 一次エネルギー消費量等級
等級4の基準 平成11年基準相当 平成25年基準相当

外皮性能基準の変更

改正前は小規模な住宅や複雑な形状の住宅では床面積に対する外皮面積の割合が大きいため、基準を満足するにはそうでない住宅に比べ過剰な断熱が求められていた。そこで床面積当りから外皮面積あたりの基準とすることで解消しました。

改正前 平成11年基準 改正後 平成25年基準

熱損失係数による基準

*1換気および漏気によって失われる熱量を含む

外皮平均熱貫流率による基準

*2換気および漏気によって失われる熱量を含まない

夏期日射取得係数による基準

冷房期の平均日射熱取得率による基準

出典:「住宅・建築物の省エネルギー基準 平成25年改正のポイント」(国土交通省住宅局)

地域区分の見直しと基準の合理化

暖房・冷房エネルギーの削減を効率的に行うため、地域の気候特性を踏まえ、これまでに蓄積された知見を基に、地域区分の見直しと区分ごとの外皮性能基準が合理化がなされました。

改正前 平成11年基準
地域区分
熱損失係数(Q値)の基準値 W/(m2・K) 1.6 1.9 2.4 2.7 3.7
夏期日射取得係数(μ値)の基準値 0.08 0.07 0.06
改正後 平成25年基準
地域区分 1 2 3 4 5 6 7 8
外皮平均熱貫流率(UA値)の基準値 W/(m2・K) 0.46 0.46 0.56 0.75 0.87 0.87 0.87 -
冷房期の平均日射取得率(ηA値)の基準値 - - - - 3.0 2.8 2.7 3.2

出典:「住宅・建築物の省エネルギー基準 平成25年改正のポイント」(国土交通省住宅局)

外皮性能は一次エネルギー消費量*の計算に必要なため
基準値がない地域でも外皮性能の計算は必要です。

* 化石燃料や原子力燃料・水力・太陽光など自然から得られるエネルギーを”一次エネルギー”といい、これらを変換・加工して得られるエネルギー(電気や都市ガス・灯油など)を”二次エネルギー”といいます。建築物では二次エネルギーが多く使用されており、それぞれ異なる計算単位が使用されています。それを一次エネルギー消費量へ換算することにより、建築物の総エネルギー消費量を同じ単位で求めることができるようになります。

一次エネルギー消費量基準の導入

外皮性能だけでなく、設備性能も加味して、住宅の総合的な省エネ性能を評価できる基準です。
『設計仕様』と予め定められた『基準仕様』の一次エネルギー消費量を比較して判断します。

それぞれの評価方法のフロー

3つの評価方法があり、「計算」または「仕様の確認」によって評価します。

一次エネルギー消費量に関する計算はこちらから建築研究所:一次エネルギー消費量算定プログラム(住宅用)

設計・施工サポート
  • 長期優良住宅認定サポートについて
  • 型式認定の利用について
  • 熱損失(Q値計算)について
各種資料・お問い合わせなど
ページトップへ
SEKISUI公式ロゴマーク
本サイトは積水化学工業株式会社が運営しております

各種ご相談はお近くの営業所までお気軽にご連絡ください

©2011 SEKISUI CHEMICAL CO. LTD.