積水化学工業建材事業部「天才断熱材フェノバボード」

エスロンタイムズ on the Web

ホームへ戻る > 設計・施工サポート > 断熱材の厚み一覧

断熱材厚み一覧表
地域 住宅の種類 断熱材の工法 部位 熱抵
抗値
(㎡・K/W)
断熱材の種類と厚み(mm)※下段数値は熱伝導率
A1 A2 B C E F フェノバ
0.052 0.05 0.045 0.04 0.034 0.028 0.022 0.019
1・2地域 木造軸組
木造枠組
鉄骨造
外張断熱工法 屋根 5.7 300 285 260 230 195 160 130 110
天井 5.7 300 285 260 230 195 160 130 110
外壁 2.9 155 145 135 120 100 85 65 60
床(外気に接する部分) 3.8 200 190 175 155 130 110 85 75
床(その他の部分)
外気に接する土間床外周部 3.5 185 175 160 140 120 100 80 70
その他の土間床外周部 1.2 65 60 55 50 45 35 30 25
木造軸組 充てん断熱工法 屋根 6.6 345 330 300 265 225 185 150 130
天井 5.7 300 285 260 230 195 160 130 110
外壁 3.3 175 165 150 135 115 95 75 63
床(外気に接する部分) 5.2 275 260 235 210 180 150 115 100
床(その他の部分) 3.3 175 165 150 135 115 95 75 63
外気に接する土間床外周部 3.5 185 175 160 140 120 100 80 70
その他の土間床外周部 1.2 65 60 55 50 45 35 30 25
木造枠組 充てん断熱工法 屋根 6.6 345 330 300 265 225 185 150 130
天井 5.7 300 285 260 230 195 160 130 110
外壁 3.6 190 180 165 145 125 105 80 70
床(外気に接する部分) 4.2 220 210 190 170 145 120 95 80
床(その他の部分) 3.1 165 155 140 125 110 90 70 60
外気に接する土間床外周部 3.5 185 175 160 140 120 100 80 70
その他の土間床外周部 1.2 65 60 55 50 45 35 30 25
コンクリート造 内断熱工法 屋根又は天井 3.6 190 180 165 145 125 105 80 70
2.3 120 115 105 95 80 65 55 45
床(外気に接する部分) 3.2 170 160 145 130 110 90 75 63
床(その他の部分) 2.2 115 110 100 90 75 65 50 45
外気に接する土間床外周部 1.7 90 85 80 70 60 50 40 35
その他の土間床外周部 0.5 30 25 25 20 20 15 15 10
外断熱工法 屋根又は天井 3.0 160 150 135 120 105 85 70 60
1.8 95 90 85 75 65 55 40 35
床(外気に接する部分) 3.2 170 160 145 130 110 90 75 63
床(その他の部分) 2.2 115 110 100 90 75 65 50 45
外気に接する土間床外周部 1.7 90 85 80 70 60 50 40 35
その他の土間床外周部 0.5 30 25 25 20 20 15 15 10
3地域 木造軸組
木造枠組
鉄骨造
外張断熱工法 屋根 4.0 210 200 180 160 140 115 90 80
天井 4.0 210 200 180 160 140 115 90 80
外壁 1.7 90 85 80 70 60 50 40 35
床(外気に接する部分) 3.8 200 190 175 155 130 110 85 75
床(その他の部分)
外気に接する土間床外周部 3.5 185 175 160 140 120 100 80 70
その他の土間床外周部 1.2 65 60 55 50 45 35 30 25
木造軸組 充てん断熱工法 屋根 4.6 240 230 210 185 160 130 105 90
天井 4.0 210 200 180 160 140 115 90 80
外壁 2.2 115 110 100 90 75 65 50 45
床(外気に接する部分) 5.2 275 260 235 210 180 150 115 100
床(その他の部分) 3.3 175 165 150 135 115 95 75 63
外気に接する土間床外周部 3.5 185 175 160 140 120 100 80 70
その他の土間床外周部 1.2 65 60 55 50 45 35 30 25
木造枠組 充てん断熱工法 屋根 4.6 240 230 210 185 160 130 105 90
天井 4.0 210 200 180 160 140 115 90 80
外壁 2.3 120 115 105 95 80 65 55 45
床(外気に接する部分) 4.2 220 210 190 170 145 120 95 80
床(その他の部分) 3.1 165 155 140 125 110 90 70 60
外気に接する土間床外周部 3.5 185 175 160 140 120 100 80 70
その他の土間床外周部 1.2 65 60 55 50 45 35 30 25
コンクリート造 内断熱工法 屋根又は天井 2.7 145 135 125 110 95 80 60 55
1.8 95 90 85 75 65 55 40 35
床(外気に接する部分) 2.6 140 130 120 105 90 75 60 50
床(その他の部分) 1.8 95 90 85 75 65 55 40 35
外気に接する土間床外周部 1.4 75 70 65 60 50 40 35 30
その他の土間床外周部 0.4 25 20 20 20 15 15 10 10
外断熱工法 屋根又は天井 2.2 115 110 100 90 75 65 50 45
1.5 80 75 70 60 55 45 35 30
床(外気に接する部分) 2.6 140 130 120 105 90 75 60 50
床(その他の部分) 1.8 95 90 85 75 65 55 40 35
外気に接する土間床外周部 1.4 75 70 65 60 50 40 35 30
その他の土間床外周部 0.4 25 20 20 20 15 15 10 10
4・5・6・7地域 木造軸組
木造枠組
鉄骨造
外張断熱工法 屋根 4.0 210 200 180 160 140 115 90 80
天井 4.0 210 200 180 160 140 115 90 80
外壁 1.7 90 85 80 70 60 50 40 35
床(外気に接する部分) 2.5 130 125 115 100 85 70 55 50
床(その他の部分)
外気に接する土間床外周部 1.7 90 85 80 70 60 50 40 35
その他の土間床外周部 0.5 30 25 25 20 20 15 15 10
木造軸組 充てん断熱工法 屋根 4.6 240 230 210 185 160 130 105 90
天井 4.0 210 200 180 160 140 115 90 80
外壁 2.2 115 110 100 90 75 65 50 45
床(外気に接する部分) 3.3 175 165 150 135 115 95 75 63
床(その他の部分) 2.2 115 110 100 90 75 65 50 45
外気に接する土間床外周部 1.7 90 85 80 70 60 50 40 35
その他の土間床外周部 0.5 30 25 25 20 20 15 15 10
木造枠組 充てん断熱工法 屋根 4.6 240 230 210 185 160 130 105 90
天井 4.0 210 200 180 160 140 115 90 80
外壁 2.3 120 115 105 95 80 65 55 45
床(外気に接する部分) 3.1 165 155 140 125 110 90 70 60
床(その他の部分) 2.0 105 100 90 80 70 60 45 40
外気に接する土間床外周部 1.7 90 85 80 70 60 50 40 35
その他の土間床外周部 0.5 30 25 25 20 20 15 15 10
コンクリート造 内断熱工法 屋根又は天井 2.5 130 125 115 100 85 70 55 50
1.1 60 55 50 45 40 35 25 25
床(外気に接する部分) 2.1 110 105 95 85 75 60 50 40
床(その他の部分) 1.5 80 75 70 60 55 45 35 30
外気に接する土間床外周部 0.8 45 40 40 35 30 25 20 20
その他の土間床外周部 0.2 15 10 10 10 10 10 5 5
外断熱工法 屋根又は天井 2.0 105 100 90 80 70 60 45 40
0.9 50 45 45 40 35 30 20 20
床(外気に接する部分) 2.1 110 105 95 85 75 60 50 40
床(その他の部分) 1.5 80 75 70 60 55 45 35 30
外気に接する土間床外周部 0.8 45 40 40 35 30 25 20 20
その他の土間床外周部 0.2 15 10 10 10 10 10 5 5

フェノバボードの製品規格は15㎜~90mmとなります。表中で15㎜以下となっている場合は15㎜厚以上の製品をご利用ください。

熱抵抗値基準を使用する際の注意点

平成25年度基準における「熱抵抗値基準」には開口部による適用制限がございます。また一次エネルギー消費計算においても別途制限がございます。

住宅の種類 1~3地域 4地域 5~7地域
開口部比率 熱貫流率基準値 開口部比率 熱貫流率基準値 開口部比率 熱貫流率基準値
一戸建の住宅 7%未満 2.91W/㎡・K以下 8%未満 4.07W/㎡・K以下 8%未満 6.51W/㎡・K以下
7%以上9%未満 2.33W/㎡・K以下 8%以上11%未満 3.49W/㎡・K以下 8%以上11%未満 4.65W/㎡・K以下
9%以上11%未満 1.90W/㎡・K以下 11%以上13%未満 2.91W/㎡・K以下 11%以上13%未満 4.07W/㎡・K以下
共同住宅 5%未満 2.91W/㎡・K以下 5%未満 4.07W/㎡・K以下 5%未満 6.51W/㎡・K以下
5%以上7%未満 2.33W/㎡・K以下 5%以上7%未満 3.49W/㎡・K以下 5%以上7%未満 4.65W/㎡・K以下
7%以上9%未満 1.90W/㎡・K以下 7%以上8%未満 2.91W/㎡・K以下 7%以上8%未満 4.07W/㎡・K以下

開口部比率=開口部面積の合計/外皮等面積の合計

断熱材区分

Aー1
λ=0.052~0.051
吹込み用グラスウール
吹込み用ロックウール
Aー2
λ=0.050~0.046
住宅用グラスウール 10K
吹込み用ロックウール 25K

λ=0.045~0.041
住宅用グラスウール 16K
住宅用グラスウール 20K
A種ビーズ法ポリスチレンフォーム
A種ポリエチレンフォーム保温板1種1号
A種ポリエチレンフォーム保温板1種2号
C
λ=0.040~0.035
住宅用グラスウール断熱材 24K相当 32K相当
高性能グラスウール断熱材 16K~32K相当
吹込み用グラスウール 30K 35K相当
住宅用ロックウール断熱材(マット)
ロックウール断熱材(フェルト)
ロックウール断熱材(ボード)
A種ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板1号、2号、3号
A種押出法ポリスチレンフォーム保温板1種
建築物断熱用吹付け硬質ウレタンフォームA種3
A種ポリエチレンフォーム2種
A種フェノールフォーム保温板2種1号
A種フェノールフォーム保温板3種1号
A種フェノールフォーム保温板3種2号
C
λ=0.040~0.035
吹込み用セルロースファイバー25K
吹込み用セルロースファイバー45K・55K
吹込み用セルロースファイバー65K相当
D
λ=0.034~0.029
高性能グラスウール断熱材 40K相当
高性能グラスウール断熱材 48K相当
A種ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板特号
A種押出法ポリスチレンフォーム保温板2種
A種硬質ウレタンフォーム保温板1種
建築物断熱用吹付け硬質ウレタンフォームA種1
建築物断熱用吹付け硬質ウレタンフォームA種2
A種ポリエチレンフォーム保温板3種
A種フェノールフォーム保温板2種2号
E
λ=0.028~0.023
A種押出法ポリスチレンフォーム保温板3種
A種硬質ウレタンフォーム保温板2種1号
A種硬質ウレタンフォーム保温板2種2号
A種硬質ウレタンフォーム保温板2種3号
A種硬質ウレタンフォーム保温板2種4号
A種フェノールフォーム保温板2種3号
F
λ=0.022以下
A種フェノールフォーム保温板1種1号
A種フェノールフォーム保温板1種2号
フェノバボード(λ=0.019)
  • よくあるご質問
  • 断熱材厚み一覧
  • 防・耐火認定構造一覧
  • 商品規格一覧・フェノバボード価格表はこちら
  • 次世代省エネ基準について。対応する断熱材とは?
  • ご相談はお近くの営業所へお気軽にご連絡ください。営業所一覧はこちら
  • 充填断熱用フェノバボードJ
  • あったかべ
  • フェノバSZ耐震断熱天井
ページトップへ
SEKISUI公式ロゴマーク
本サイトは積水化学工業株式会社が運営しております

各種ご相談はお近くの営業所までお気軽にご連絡ください

©2011 SEKISUI CHEMICAL CO. LTD.