積水化学工業建材事業部「天才断熱材フェノバボード」

エスロンタイムズ on the Web

ホームへ戻る > 設計・施工サポート > ゼロ・エネルギー住宅(ZEH)に最適な断熱材

ゼロ・エネルギー住宅がこれから当たり前の時代に

パリ協定(COP21)の締結により、日本は2030年までに-26%(2013年度比)という温室効果ガスの削減目標を掲げました。特に家庭部門では-39%(2013年度比)と大幅に削減する必要があります。また、東日本大震災以降のエネルギー需要の逼迫や建築部門のエネルギー消費量の著しい増加により、省エネ対策の抜本強化が必要不可欠になっています。国の住宅・建築物のロードマップでは2020年までにすべての新築住宅・建築物に対して省エネ基準の義務化が明示されています。更に2030年には新築のゼロ・エネルギー住宅(以下ZEH)標準化が示されており、今後より一層建物の省エネ化が進むと予想されます。 

地域別のH28年度省エネルギー基準

地域区分(主な地域) 1・2(北海道) 3(北東北) 4(南東北) 5~7(関東~九州)
省エネ基準 0.46以下 0.56以下 0.75以下 0.87以下
ZEH 0.40以下 0.50以下 0.60以下

このゼロ・エネルギー住宅を普及促進する為に、
平成24年度からゼロ・エネルギーに関する推進事業が導入され、毎年公募が行われております。

ゼロ・エネルギー住宅実現に向けて

ゼロ・エネルギー住宅とは
快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率設備により出来る限りの省エネルギーに努め、太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、1年間で消費する住宅のエネルギー量が正味で概ねゼロ以下となる住宅

ゼロ・エネルギー住宅実現のためには以下の3つのSTEPが理想です。

    • 断熱は設備と違い、建築後に性能を高めるのは難しいため、最初が肝心
    • 高断熱化することで空調の省エネにもつながり、住み心地もより良いものに
    • エアコンや給湯器などで省エネ性の高いものを導入
    • 20%以上省エネが必要
    • 不足分を創エネで補い、エネルギー消費量±0以下に

ゼロ・エネルギー住宅のメリット

トータルコストでお得!
  • 断熱性が高いので、冷暖房費を大幅に削減
  • 断熱工事費と冷暖房費のトータルコストではZEHがお得
  • 太陽光発電システム等の創エネルギー設備の搭載により売電も可能

「住宅事業建築主の判断基準」のモデル住宅/延べ床面積120.8m2でシミュレーション

創エネルギー設備費用、売電、自家消費分の電気代等は含んでいません。

快適で健康に良い!
  • 高断熱な家ほど健康改善が高く、各種疾患に有効
  • 室内の温度差が少ないので心臓発作や脳卒中を引き起こす「ヒートショック」のリスクを軽減
  • 部屋ごとの温度差・空間の上部と下部での温度差が少なく快適

図出典:近畿大学 建築学部 岩前研究室

フェノバボードはZEHに最適

柱や大引きなどの構造躯体の寸法を変えることなく躯体の高断熱化に対応する為には、より高性能な断熱材が必要です。フェノバボードは熱伝導率が0.019W/m・Kと業界最高レベルの断熱性能を有して最薄設計が可能なため、ZEH化に最適な断熱材です。

ゼロ・エネルギー化設計サポート

ゼロ・エネルギー化補助対象製品の公募について

積水化学では、熱伝導率0.019W/m・Kそして性能が長期持続するフェノバボードの特性を活かし、躯体の断熱性能を向上させ、イニシャルコストが高く、定期的にメンテナンスが必要な設備機器や創エネ機器にあまり頼らない、そして構法・断熱工法を大きく変えない、ゼロ・エネルギー住宅の設計・仕様検討をお手伝いいたします。くわしくは、上記ボタンから問い合せフォームに”ゼロ・エネルギー住宅設計サポート希望”と明記の上送信ください。

各種資料・お問い合わせなど
ページトップへ
SEKISUI公式ロゴマーク
本サイトは積水化学工業株式会社が運営しております

各種ご相談はお近くの営業所までお気軽にご連絡ください

©2011 SEKISUI CHEMICAL CO. LTD.